興信所と探偵事務所の違うところですが、あまり無いのではないかと言っても良いでしょう。両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。ただし、違いがあるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚などそう簡単にすることなどできません。請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう

探偵の場合には、人に怪しまれることのないよう充分に用心しながら根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に身分や目的を開示してから表立ってリサーチを行うようです。探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、対象についての情報収集は興信所が上手いと見てよさそうです。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つです。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、フイルムや現像料などをいいますが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。調査にかかる期間が短くて済めば費用も安くすむわけです。

探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、離婚するかしないか選択に困りますよね。ひとまず冷静になって、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しい兆候です。浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。
ワクワクメール
ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選んで着るようになりだしたら、相当に危ない予兆です。服の中でも、きれいな下着を身につけるようになったら、浮気をしていることがありえます。

Comments are closed.