不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士がいいでしょう。離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談するべきです。相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂のタネになりたくないなら、絶対にやってはいけません。

探偵について、その特徴を考えると、怪しむ人のないように警戒を怠ることなく目立たないように調査を進めるのに対して、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと考えることができます。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやめるべきです。浮気の事実を突き止められるとパートナーの感情を逆なでしてしまい、夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。その上、浮気相手との会話によって精神的に、大きく消耗することになります。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには根拠が必要です。
出会い系
どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に頼む時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を前もって相談します。1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査料金が高くなります。調査する人の所属するオフィスにより、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均では一週間以内です。確認しておきますが、これはあくまでも平均の期間です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあると思っていてください。逆に、怪しい日がもう分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。

Comments are closed.